輸入照明加工・配線の取り組み

クラシカ(株)では多く輸入照明を取り扱っておりますが、ただ輸入し販売をしているのではありません。

日本でのご使用に支障や不便さが無いようさらには、安全に使用して頂くために行っております。

輸入照明加工 輸入照明配線

クラシカで取り扱っている商品は全て開梱され、配線、加工、検査が行われます。ソケットやコードなどは海外規格との違いから事故を防ぐのに必要です。もちろんPSEラベルも添付されます。

この作業をきちんと行っている会社の商品は特注加工や、修理の対応についてもきちんと対応できると思います。

点灯検査 配線

転倒しやすい方向で行います。 

PSE検査

フロアスタンド検査

フロアースタンドは背が高いためこの検査は重要です。

テーブルまたはフロアースタンドについては10°以上の傾斜角度で自立する必要があります。この時にガラスなどシェードも付けた状態で条件の悪い方向で行う必要があります。意外と輸入品はこの規格で✖になるものも多いです。日本は地震も多いので気を付けましょう。

シャンデリアクリーニング シャンデリア掃除

細部にわたってクリーニングします。

ガラスは目に見めて綺麗に。

シャンデリア配線 シャンデリア修理

シャンデリアのクリーニングやアンティークなどお客様のお持ちの照明の配線を行う仕事も多いです。

破損などのリスクも多いため他ではあまりやらないようです。弊社では輸入品のパーツはある程度ありますのでかかる時間と相談しながらのお見積りとなります。最近では遠方からの依頼も多く行っておりますがネックとなるのはシャンデリアの配送ですね。壊れるリスクも十分に考慮が必要です。

フランスシャンデリア

照明の相談

配線を行うときは綺麗に、コードがなるべくうるさくならないように心がけています。

 

金メッキ シャンデリア修理

思い入れのある照明などは再メッキをし、ガラスも全てバラシてオーバーフォールします。ただし金メッキを剥離して、再度メッキをかけるこの作業が現在日本で行うとかなりの高額になってしまいます。

輸入シャンデリア アンティーク

入荷した状態

直輸入シャンデリア修理 照明相談

海外照明 照明配線加工

現在は個人輸入も可能な時代ですので沢山の輸入品が出回っています。クラシカ(株)ではそのような商品と差別化する意味でも丁寧な作業を続けて行きたいと考えております。気に入ったものが壊れても修理できる会社でありたいと考えております。